記事一覧

岡山学芸館高等学校 講演会感想文

ファイル 4-1.jpg

岡山学芸館高等学校・清秀中学校 父母の会 親学講座にて
竹内先生の講演会がありました。
岡山学芸館高等学校保護者の方よりうれしい、ご感想が届きました。

人権に関する講演会のお礼  宇部市立常盤中学校 校長 國澤 尚明様

拝啓

向暑の候、竹内先生におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

 さて、先日は大変内容の充実したご講演をいただき、誠にありがとうございました。生徒たちは、竹内先生の明るく前向きな姿や、痛快で親しみやすい語り口に惹きつけられていました。そして、先生の人生に触れるなかで、先生の心の強さに感銘を受けていきました。自分の命は、自分だけのものではないという先生の言葉は、生徒達に、感謝することの大切さを再認識させていました。また、点字ブロックの上に物を置かないなど、さまざまな配慮についての視点を私たちに与えて下さいました。

これを機に、本校人権教育のより一層の充実・発展をめざして、さらに邁進していく所存でございます。

 今後とも、ご指導、ご鞭撻をいただきますようお願いし、まずは略儀ながら書中をもって厚くお礼申し上げます。

敬具

平成24年(2012年)7月2日
竹 内 昌 彦 様


保護者の感想から

・先生の熱い思いが伝わり、何度も目頭が熱くなりました。先生は、「私は、運がえかったんよ」と、ご自分の人生を語られました。どんな逆境にも立ち向かう力は、私も含め、今の日本の子ども達に一番必要な力だと思います。自分の置かれた環境をうらむことなく、感謝の心を持って、自分の能力を精一杯引き出して生きること、それが心を満たす幸せとなり、人生は私に優しかったと言える人になるのだと思いました。先生のご両親は確かに立派な方でしたが、その想いを理解された先生こそ素晴らしいと思いました。

生徒の感想から

・自分にとって、とてもつらいこともあっただろうに、くじけずに生きて、そして今という新しい道を開いているのは、自分自身だということを学んだ。あきらめるのは簡単だけど、続けるのは思っている以上に難しいということがあるかもしれない。けれど、そこであきらめないからこそ、「なれるかもしれない自分」になれるのだと感じた。

・竹内先生の飾り気のない、率直な語り口に、お話しされる一言一言が、痛いくらい心に入ってきました。目が見えないご苦労は、どんなに私が想像しても、追いつくことのできないご苦労と思いますが、「点字ブロックの妨げになることはしない」「こちらから積極的に声をかける」など、ちょっとしたことで、心が通じお互いが気持ちよく生活できるんだと改めて気づかされました。自分の命は、自分と両親…3人分の命というお言葉が印象的でした。

・すっごい感動しました。泣きました。竹内先生の人生で、嫌なこととかいっぱいあったと思います。3回ぐらい死にたいと思ったことがあると言っていました。目が見えない孤独や悲しさがすっごく伝わってきました。…目が見えなくても、生きている。夢をつかめている。今、笑っている竹内先生は、本当にすばらしいです。あこがれます。私も先生みたいな、立派な人になりたいです。竹内先生が、悲しい人生を乗りこえられたのは、「親」がいて、その親の愛情が竹内先生の生きがいにもなったそうです。竹内先生には、「大切なことを教えてくれて、だめな自分を思い返させてくれて、ありがとうございました」と言いたいです。

・今日の講演会を聞いて学んだことは、まず「感謝」するということです。今、元気でいられることや、生まれてきたこと。当たり前のように思うかもしれませんが、その当たり前が今の幸せにつながっていることだと感じて、お母さんやお父さんにもっと感謝するという気持ちになりました。次に学んだことは、勉強は自分のためだけにするのではなく、人のためにするということです。自分のことばかり考えていた私は、今まで一度もそういうことを考えていなかったので、もっと相手のことを思いやろうということに気づかされました。

・私は、竹内先生のお母さんがすごいと思いました。子どものことをすごく考えていて、自分のプライドとかも全部捨てて、子どものためにがんばっていました。すばらしい人だと思いました。家族は自分の信頼できる仲間だと思います。竹内先生もすごいと思います。どんなにつらくても、決してあきらめずに、どんどん挑戦していきました。お母さんを喜ばせることがしたい!そう思えるところがすごいです。そして、努力して、勇気を出して今の自分をつくっていました。「だれかが障がいをもつ」これは変えられないことです。だから、その人に心から感謝して、そして、その人を助け、サポートしていきたいです。

・今日の竹内先生の講演を聞いて、先生の努力や、強さに驚きました。点字ブロックの上に自転車を置かないように気をつけてほしいといわれましたが、それだけではなく、もっといろんなことに気がつき、気をつけられるようになりたいと思いました。また、だれかが幸せになるのを手伝うことができたら、すごいことだと思いました。自分の事だけに夢中になったりせず、周囲をよく見て、小さな事でも、だれかの役に立てたり、だれかを幸せにすることができるようになりたいと思いました。

鳥取養護の先生方に向けてお知らせ

鳥取県立鳥取養護学校・校長 田中一雄先生より
7/28(水)米子市文化センターでの講演を聴いて
書いてくださったものをご紹介します。

==========================================================

たかが90分間、されど90分間

「学校からバット1本を持って帰ってなあ、そいつの家へ行って、玄関のガラスを派手に壊してやれ。それでも気が済まんかったら、壁や窓ガラスも壊してみい。派手になあ…」と、何とも物騒な話なのに会場内は笑いあり、涙あり…共感、感動、自覚、覚悟、意欲…など聴衆の一人一人の思いが会場内にあふれていた7月28日(水)米子市文化ホール…午後2時30分から午後4時までの90分間だった。先ほどの話は、「いじめ」の話から出てきたこと。年々多くなる「いじめ」を苦にした自殺…そんな状況にならないために子どもたちに、竹内昌彦先生が教えていることだ。「こんなにも腹がたっとる、こんなにも悔しい…その思いを行動に出すことで解決が始まるんだ。3人分の命を持っているんだから、大切にせえよ…」というメッセージ…乱暴な話だが、現実的で効果のある内容だと納得。

県特研講演会の講師は、もと岡山盲学校教頭の竹内昌彦先生65歳。講演が始まって、まあ…3分間後には会場は竹内ワールドになっていた。ユーモアがあり、難しい言葉など一切なく、わかりやすい。本校の求めている≪わかりやすさ≫とは、まさにこういう話し方だと思った。巧みな話術、間の取り方は一流の噺家はだし…語り口調に抑揚があり、重みがあり、リズムがある。スーッと心のど真ん中に伝わってくることを、心地よく感じる。目をつぶるとその光景が浮かんでくるなあ…そう思った時、ハッとした。そうだよなあ。目の見えない分、しっかりと聞く、聴くことは、晴眼者よりはるかにその能力は研ぎ澄まされている。視覚障がいの方の「聞く」とは、整理して覚えることであり、いつでも取り出せる準備をもすることである。だからあいまいに聞くのではなく、相手の心持ちまで感じて聞く、言葉の表情を聞き取るのである。これも本校の求めている≪聞く≫のお手本である。そんな聞き方をするからこそ、話すことも磨かるわけだ。「話し上手は聞き上手」と言われるではないか。竹内先生ほどになると「話し上手」ではなく、話し名人の域であるので、聞き名人に違いない。竹内先生の講演は、次々に話題が変わっていくが、それぞれが実に興味深く、心を揺り動かされる。それは先生の心からほとばしる言葉だからだろう。言葉ってこんなに力があるんだということを再認識。

私はこの90分間で、書ききれないぐらい心を揺さぶられました。それはおそらく会場にいた人すべてでしょうし、手話通訳の方も通訳をしながら、目頭を何度も押さえておられました。紹介された「島村先生」「中原先生」の存在の大きさを感じ、自分自身のちっぽけさも感じ、それでも勇気と元気と目標をもらえました。「まだやれることがたくさんある」と感じることもできました。そして何より、鳥取養護学校の先生たちと一緒に、児童生徒の「夢をかなえる」ために、この子たちと関われることを誇りにして、自身を持って取り組んでいきたいと強く思いました。

そんな90分間を共有できた参加者と共に、心からの拍手を送って竹内先生とお別れしたのですが、竹内先生には、8月5日に本校に来ていただき、人権教育講演会で、ご講演してもらいます。楽しみにしてください。緊張することなく、肩に力を入れることなく先入観なく、いつものように、子どもたちを思う気持ち一杯でご参加ください。教職員として、親として、一人の人間として、何か心の中で動き出す講演会になると信じています。乞うご期待。

京都市立桃山中学校 様よりお手紙を頂きました。

ファイル 1-1.jpg

11/9(月)に京都市立桃山中学校 様にて竹内先生の講演会を行いました。

先日暖かい内容のお手紙を頂戴致しましたので、ご報告致します。

==========================================================

 先日は講演会ありがとうございました。
 先生の講演をきいて、自分の気持ちや行動が「変わった」と素直に思いを綴っている生徒が多くいました。人を変える力を持つ先生の講演会を開催できたことを光栄に思います。
 お礼かたがた、生徒の感想文をいくつか送らせて頂きます。


【3年2組 Bさん】
 私は竹内先生の話をきいて、竹内先生の生き方・・・とてもかっこいいなと思いました。そして私も優しい心を持ち、人の痛みがわかる大きな心を持つ人間になりたいと思いました。竹内先生目が不自由だから、私たちと同じことができないと思っていたけど、本当は目が不自由でもたくさんできることがあると分かりました。あと、いじめられたり、どんなに辛いことがあっても前向きに進んでいったらいつか必ず幸せなことがあるので、辛いことがあったからってそこで負けていたらいけないと思いました。
 私は体が不自由な人を見ると、かわいそうやなぁ・・・とか思うだけで助けてあげよう!とか思わなかったけど、今からはもし不自由な人がいたら自分から進んで助けてあげようと思います。それと、親の大切さも竹内先生から学びました。なので、今まで反こうしてしまったこととか悪いなって思いました。なので、これからはありがとう。を少しずつ伝えていけたらいいなと思いました。(親だけじゃなくて私の周りの支えてくれる人にも。)
 本当に、今日たくさんのことを竹内先生から学びました。これからいろいろと頑張っていこと思います!なので、竹内先生もこれからも頑張って下さい。本当にありがとうございました。


【3年5組 Aさん】
 今の世の中に、あんなに人の命の尊さと真っすぐ向き合う人はいないなと思いました。「生きていく」ということに対して力みすぎずギャグも言うしおもしろい人だなと思いました。もっと世の中に竹内さんみたいな人が増えたらいいのにな、と思いました。それは、自分の親、先生、友達、自分自身すべてに言えることだと思いました。
 竹内さんが嫌なことや辛いことがある中で学校生活のことを生き生きと、楽しそうに話されていたので、学校はとても重要なんだと実感しました。だったら、「普通の」桃中、「特別な」支援学校というカタい考え方、わくにとらわれずに、もっと桃中とかにもいろんな生徒がいてもいいのでは、と思いました。もちろん、それだけの労力やお金は必要だと思いますが、竹内さんのお話ではそれよりも大切なものがあるということがわかりました。
 まずは自分の身の回りの人への小さな配慮やお手伝いから、いずれそう遠くないうちに大きなことができるようになったらいいな、と思いました。


【3年6組 Cさん】
 目がみえなくなるというのはなかなか想像ができません。私が目をつむれば、周囲が見えなくなりますが、目をつむっていても、光を感じる事ができます。
 「赤色!」といわれて、どのような色だというのは想像がつきますか?少し疑問です。
 私は目が見えないと、本当に生活が不自由なんだなと思っていましたが、竹内先生のお話を聞いていると通常の人よりもなれるまでに少し時間がかかるというものの、その物や場所になれてしまえば通常の人と変わらないのだと学びました。
 生活の中で、一番大変な事は何ですか?
 私は身長がひくく、電車の短いつり革につかまるのに苦労したり、高い所おいてある物を取るのにとてもこまります。その事で中学1年の時にいじめをされたこともあります。でも私は竹内先生のように、強い心がちいさくて、1週間学校を休んだりしてしまい、負けを何度も表にあらわしてしまいました。でも、そんなたくさんの経験をしたことにより、自分の精神をきたえられ、強くなる事ができました。チビで何が悪いんだ!と今なら言いかえせます。たくさんの私の自信につながることを話して下さってありがとうございました。又、お話を聞きたいです。


【3年7組 Dさん】
 最近、親にむかって口が悪いんです。だからこの話をきいて、家に今すぐかえって親に「ごめんなさい!」と今までのこと全部、あやまりたかったです。
 竹内さんは目がみえないから、ちゃんと人のことを心でみつめられる人だと思いました。いじめられたことや、死にたくなったことについて聞いて、自分だって死にたくなった時のことをおもいだしてあの時、ホンマに死ななくてよかったと思いました。これで死ぬときは、自分のしたかったことをせーんぶして、かっこよく死のうと思いました。
 あと、ホンマにしんどいときは逃げます。いつも逃げてるけど。
 人に親切にすることの大切さや、今まで不幸だと思ったことも見直して、これからは生きていく中でいろいろ苦しいことや楽しいことたくさんあると思うのでとりあえず、生きていこうと思いました。生きながら、楽しいこと、いっぱいさがしていこうと思います。
 あと、この話をきいて、「この親をもってよかった」と思ったときを思い出したし、竹内さんの話でいろいろな大切なことを知りました。これから自分が変わっていきそうです。(いい方向に)


【3年8組 Eさん】
 話を聞いて、一瞬涙が出そうになりました。それは、竹内さんがいじめにあって自殺する人のことについて話していた時です。
 今は違うけど、私は前、「自分が生きてて意味があるんかな」ってよく思っていた頃がありました。私はいじめられた経験もあるし、気持ちが痛いほどよく分かりました。でも竹内さんが「自分だけの命じゃないけぇ」って言った言葉が心にグサッときました。考えてみたら、お母さんがお腹を痛めてまで私を生んでくれて、ここまで育ててきてくれました。やのに、こんな簡単に命を捨てたら、今まで苦労して私を産み、育ててきてくれた両親に申しわけないなって改めて思いました。
 私も今までにとても辛い思いとかしてきてるし、きっとこれからもそう思うことがたくさんあると思うけど、けっして自分の命を捨てるという選択はしたくないです。ていうか、しません。夜がきたら、朝は絶対くる!この言葉を信じてがんばりたいです。
 ちょっと話それたけど、また街中とかで困っている人がいたら、自分から進んで助けたいなって思いました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ